2007年03月02日

ゼロックス前半 ガンバ攻撃パターン分析

ゼロックスガンバ大阪の攻撃パターン分析1
前半2−0マグノ・二川

前半1分
-------------[----]--------------- 加地のクロスを
--------------------橋本---------- 中央で二川が受け
--------------二川---------------- 浮き球で橋本へ。
------------------------------加地 キーパーキャッチ
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半5分
-------------[----]--------------- 山口のロングフィード
--安田---------------------------- 安田が裏へ抜け出し
---------------------------------- シュートはロケット
----------------------------------
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
--------山口----------------------
-------------[----]---------------
前半7分
-------------[----]--------------- 遠藤の優しいパス
-------------------二川----------- 播戸が右サイドで受け
------------------------------播戸 左足でクロス
---------------------------------- 中央で二川が
-----------遠藤*------------------ ダイレクトボレー
---------------------------------- 枠の右
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半9分
-------------[----]--------------- 加地のスローインを
-------------マグノ2-播戸-------- マグノ1>明神>安田
-安田-------------------------加地 安田が仕掛け
--------明神--------マグノ1------ 右足でクロス
---------------*------------------ 播戸がポスト
---------------------------------- マグノ2がシュート
---------------------------------- キーパーキャッチ
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半22分
-------------[----]--------------- 明神>遠藤
---------------------------------- 遠藤から二川へ浮き球
------二川------------------------ 二川から遠藤へ返球
-----------------橋本------------- 遠藤から橋本へゴロ球
-----------遠藤----*-------------- 橋本のミドル
-----明神------------------------- わずかに枠の上
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半27分
-------------[----]--------------- 二川のパスから
------------播戸------------------ マグノがドリブル
---------------------------------- 左足クロスに
---マグノ------------------------- 播戸が飛び込むが
---------------*------------------ わずかに届かず
-------------二川-----------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半31分得点:マグノアウベス
-------------[----]--------------- 浦和のカウンター
-----二川---マグノ---------------- 小野へのパスの乱れを
---------------------------------- 加地が見逃さず、
---------------------------------- カット>遠藤
---------------*-------遠藤------- 遠藤からピンポイント
----------------------小野-------- 二川がシュート
--------------------加地---------- こぼれ球をマグノ左足
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半33分
-------------[----]--------------- 遠藤と二川のプレス
--------------マグノ-------------- ボールを奪い
--------二川---------------------- 二川が浮き球をマグノ
----------遠藤-------------------- トラップ流れキーパー
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半38分
-------------[----]--------------- シジクレイから遠藤
---遠藤-------マグノ-------------- 遠藤からマグノ
-----------------明神------------- ダイレクトヒールで
---------------------------------- 落としたところに
---------------*------------------ 明神がミドル
---------------------------------- ロケット。
-------------------シジクレイ-----
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半42分得点:二川
-------------[----]--------------- ハーフより深い位置で
---------------------------------- 二川1がドリブル開始
--------------二川3-------------- 二川2、2人突破
--------二川2-------------------- 二川3強烈ミドルが
---------------*------------------ ゴール右へ。
----------二川1------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------

集計
全決定機10
左サイドアタック4
右サイドアタック2
中央4

フィニッシャー
マグノ3、二川3、橋本2、播戸、安田、明神
ラストパサー
二川2、遠藤2、マグノ2、播戸2、山口
基点
二川3、加地3、遠藤、明神、山口、シジクレイ

その他関与
遠藤2、明神、安田、二川

得点機総合関与ランク
1、二川    9p
2、マグノ   5p
3、遠藤    5p
posted by さわ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35078237

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。