2007年03月03日

第一次中東戦争

ドイツのヒットラーによるユダヤ人の虐殺、差別により、多くのユダヤ人たちがドイツを離れ、パレスチナの地へ流れ込んだ。

民族戦線に拍車がかかっていた当時のパレスチナ地域住民が彼らを受け入れるはずもなく、武力による弾圧が起ころうとしていた。

それまで統治権を発揮していたイギリスだったが、もはや、混乱は彼らの力でどうにかなるレベルではなく、国連に調整をゆだねることになる。

そして、国連はユダヤ人の国とアラブ人の国に分けて建国し、合同の聖地であるイエルサレムは国際的に中立な都市にすることにした。

こうしてユダヤ人とアメリカ、ソ連の働きかけによってイスラエル国家が樹立されたのだが、これをアラブ民族が容認するはずがなかった。

国連を中心とした強権発動に対して軍事行動で抵抗した。これがパレスチナ戦争(第一次中東戦争)である。戦争自体は国連の調停によって停戦を迎えるのだが、このときイスラエルはちゃっかり当初の分割案から1,5倍の領土を手に入れ、ヨルダンがヨルダン川西岸を、エジプトがガザ地区をそれぞれ自分の領土とした。

このように多くのアラブ人の土地が略奪される過程で、アラブ系のパレスチナ難民が数多く発生したが、彼らの救済は一切行われなかった。

ユダヤ難民を手厚く保護する一方でないがしろにされるパレスチナ難民。反米、反ソ、反ユダヤの思想は人々の心に強く刻み込まれ、中東の溝はさらに深まっていく。
posted by さわ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

中東情勢1 イランの石油利権

イランのレジャー=シャーは西欧の国家と結びついた王権のひとつであった。しかし、大戦中にドイツと結んだことが災いし、ドイツの敵国であったイギリス、ソ連にそれぞれ南北から圧力をかけられ、失脚させられてしまう。

1941年、英ソはパフレヴィー2世を即位させた。

ところが、大戦が終わり、ワルシャワ条約機構とNATOによる冷戦状態に突入すると、ソ連支配下の北イランにてアゼルヴァイジャン、クルディスタンの革命地方政府が樹立される。これを受けたパフレヴィー2世はイギリスよりの政策をとりはじめる。

民族運動を進めていた人々はパフレヴィー2世が西欧の代表格であるイギリスと親しくしているのが我慢ならなかった。特に、イギリス系のアングロ=イラニアン石油会社がイランの石油利権を独占していることに耐えかねていたのである。

そこで民族戦線の代表モザデグは左翼勢力、イスラム系の勢力を取り込みながら、首相にまで上り詰め、ついにアングロ=イラニアン石油会社をイランの国有にすることに成功した。

だが、イギリスはしたたかに切り返す。
「だったら、イランの石油は国際市場から締め出すから。」
こうしてモザデグ率いたイランは簡単に経済破綻を迎え、
求心力の衰えたところをアメリカとイギリスの支援を受けたパフレヴィー2世によって叩き潰されたのである。

イランの石油利権は、イラン締め出しに協力したイギリス、アメリカ、オランダ、フランスの8大石油会社による国際石油財団が確保するに至った。

さらに55年には反共産主義の中核としてバグダード条約機構(METO)の結成に尽力し、50年代のイランはまさに米国と歩みを共にする国家であった。


posted by さわ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中東情勢 序

第2次世界大戦の影響で中東における西欧諸国の影響力が低下した結果、パレスチナ地方地中海東岸に位置するシリア、レバノン、ヨルダンが独立した。

影響力を低下させた西欧各国だったが、石油の利権だけはどうしても確保したかったので、独立国家の王権と仲良くしようと努力した。

だが、それまで西欧諸国に人為的に分割統治され、宗教、宗派、民族の対立にさらされていた人々の心は、民族のアイデンティティを確保する民族運動という形で現れ、さらに外国資本の排除や、外国と結びついた王権への攻撃へと傾いていく。

そこへ石油利権に興味を持つアメリカ、ソ連の介入、イスラエル国家の存在により、パレスチナ地方の情勢は泥沼と化していった。
posted by さわ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼロックス前半 ガンバ攻撃パターン分析

ゼロックスガンバ大阪の攻撃パターン分析1
前半2−0マグノ・二川

前半1分
-------------[----]--------------- 加地のクロスを
--------------------橋本---------- 中央で二川が受け
--------------二川---------------- 浮き球で橋本へ。
------------------------------加地 キーパーキャッチ
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半5分
-------------[----]--------------- 山口のロングフィード
--安田---------------------------- 安田が裏へ抜け出し
---------------------------------- シュートはロケット
----------------------------------
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
--------山口----------------------
-------------[----]---------------
前半7分
-------------[----]--------------- 遠藤の優しいパス
-------------------二川----------- 播戸が右サイドで受け
------------------------------播戸 左足でクロス
---------------------------------- 中央で二川が
-----------遠藤*------------------ ダイレクトボレー
---------------------------------- 枠の右
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半9分
-------------[----]--------------- 加地のスローインを
-------------マグノ2-播戸-------- マグノ1>明神>安田
-安田-------------------------加地 安田が仕掛け
--------明神--------マグノ1------ 右足でクロス
---------------*------------------ 播戸がポスト
---------------------------------- マグノ2がシュート
---------------------------------- キーパーキャッチ
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半22分
-------------[----]--------------- 明神>遠藤
---------------------------------- 遠藤から二川へ浮き球
------二川------------------------ 二川から遠藤へ返球
-----------------橋本------------- 遠藤から橋本へゴロ球
-----------遠藤----*-------------- 橋本のミドル
-----明神------------------------- わずかに枠の上
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半27分
-------------[----]--------------- 二川のパスから
------------播戸------------------ マグノがドリブル
---------------------------------- 左足クロスに
---マグノ------------------------- 播戸が飛び込むが
---------------*------------------ わずかに届かず
-------------二川-----------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半31分得点:マグノアウベス
-------------[----]--------------- 浦和のカウンター
-----二川---マグノ---------------- 小野へのパスの乱れを
---------------------------------- 加地が見逃さず、
---------------------------------- カット>遠藤
---------------*-------遠藤------- 遠藤からピンポイント
----------------------小野-------- 二川がシュート
--------------------加地---------- こぼれ球をマグノ左足
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半33分
-------------[----]--------------- 遠藤と二川のプレス
--------------マグノ-------------- ボールを奪い
--------二川---------------------- 二川が浮き球をマグノ
----------遠藤-------------------- トラップ流れキーパー
---------------*------------------
----------------------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半38分
-------------[----]--------------- シジクレイから遠藤
---遠藤-------マグノ-------------- 遠藤からマグノ
-----------------明神------------- ダイレクトヒールで
---------------------------------- 落としたところに
---------------*------------------ 明神がミドル
---------------------------------- ロケット。
-------------------シジクレイ-----
----------------------------------
-------------[----]---------------
前半42分得点:二川
-------------[----]--------------- ハーフより深い位置で
---------------------------------- 二川1がドリブル開始
--------------二川3-------------- 二川2、2人突破
--------二川2-------------------- 二川3強烈ミドルが
---------------*------------------ ゴール右へ。
----------二川1------------------
----------------------------------
----------------------------------
-------------[----]---------------

集計
全決定機10
左サイドアタック4
右サイドアタック2
中央4

フィニッシャー
マグノ3、二川3、橋本2、播戸、安田、明神
ラストパサー
二川2、遠藤2、マグノ2、播戸2、山口
基点
二川3、加地3、遠藤、明神、山口、シジクレイ

その他関与
遠藤2、明神、安田、二川

得点機総合関与ランク
1、二川    9p
2、マグノ   5p
3、遠藤    5p
posted by さわ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨の旧石器時代

旧石器時代、長野県一帯は石器文化の中核を担った黒曜石の産地であった。

日本人のルーツは非常に多岐に渡るが、大陸から渡ってきた人々にしても、原住民にしても、満足な移動手段がない中で山を登るか、平地を進むかを選んだとき、山に囲まれた甲府盆地に定住しようとする可能性は低い。

当然、集落は関東や東海に集中したものと考えられる。山梨は長野の黒曜石を関東地区へ運搬する際の中継地としてはじめてその居住価値を見出されたのではないだろうか。

この時代を代表する遺跡が現在の中道町にある立石遺跡で、定住者のものではないことが認められている。定住が認められるのは静岡県境に位置する旧富沢町の天神堂遺跡のみである。
posted by さわ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨県知事選の要点整理

2007年1月4日山梨県知事選挙が告示された。
立候補者は現職の山本栄彦氏、横山正明氏、石原秀文氏、金子望氏の4名。

投開票は同21日に行われ、横内正明氏が当選。現職知事が敗退して県政転換がなされたのは28年ぶりのことだった。

横内県政は「やまなしブランドの確立」「小学校の30人学級」「小児医療の窓口無料化」など従来の山本県政をおおむね引き継ぐことになっている。

しかし、中部横断道建設の国家資金を引き出す政策によって開通が大幅に遅れる見込みとなった南部町

イオングループによる大型商業施設を誘致する7年越しの区画整理事業を「政治の道具」として使われた昭和町

図書館と商業施設をPFI方式によって甲府駅北口に建設する計画を白紙撤回され、山梨きっての一等地が更地と化すことが決定的となった宮島雅展市長率いる甲府市

との対立は決して避けて通ることが出来ない問題である。
4月には県議選が行われるが、そこで自分よりの県議をいかに確保できるのかが今後の横内県政を左右することになりそうだ。
posted by さわ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

字幕

2月26日付
山梨日日新聞の風林火山(朝日の天声人語)

菊池凛子がろうあの少女を演じたバベルについて書かれていた。

4月から公開される日本語版には当然聴覚障害者の方も興味を持たれているはずだが、日本語での会話シーンにはどうやら字幕が入っていないそうだ。

そこで台詞を書いた紙を聴覚障害者に配布することが手話通訳と配給元の間で合意に至った。エンターテインメントを作る立場の人たちの姿勢を問う鋭い文章だった。

聴覚障害者の疎外感を描いた作品が新たなる疎外感を生み出しかねないゆがんだ螺旋構造

それを阻んだ手話通訳士と、この問題を取り上げてくれた記者に感謝。
posted by さわ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

うたほんについて思うこと



おれらの代では発表会で「足音」という曲を演奏しました。
この曲はもともとうたほんに入っていた曲ではなくて、
発表会、およびそれに向けての活動を通して
「やさしさ」を伝えたいと考え、選曲された曲でした。



実際にうたほんに入ったのは翌年ということになります。
このとき、舞踊部同期のまっつんに言われたのが
「これは普及じゃなくて創研がやることだと思う」ということでした。

当時はなにくそと思ったのですが、数年たち、冷静に考えてみると

「その通りだ」

と思うようになったのです。



伝えたい思いがあって曲を探すのであれば、自分たちで作るのが1番いい。


じゃあ、普及ってなにをすればいいんだという話になるじゃないですか。
うたほんにはどんな曲があって、どんな想いが込められていて、自分たちは発表会で
何を発表すればいいんだろうって。


ぼくが思うのは、うたほんの歌はみんけんの中での民謡にあたるということ。
50年以上生き残ってきた曲にも新しい曲にも入れた人の気持ち、
活動で共有した時間、思い出、歌ったときの感情や作った人の思いがこもっていて、
その結晶がうたほんなんだと思うんです。

それをもとに、普及部が全団に「この曲いいな〜〜」って
思ってもらえるような材料を持っていって、
そこからみんながなにかを感じ取る。

その結果、外部の人にも聞いてもらいたいな、
知ってもらいたいなって思えた曲を発表する。

それが普及の本来あるべき発表の姿なんだろうと思うわけです。



だから、やっぱりね、発表会の曲はうたほんの中からというのがいいのかなって思う。
2年生のやりたいことをっていうのも大切なんだけれども、
やっぱり間違ってるものは間違ってるっていえる力は大切なんだ。

ま、その失敗があったからこそ、
今、この記事を書いている自分がいるわけだけれども。


歌があって、思いがあって、歌を普及するのが普及活動。

思いがあって曲を作って発表するのが創作研究。


まとめてしまうとこんなに簡単な構造。たどり着くのに3年を要してしまった。

みんけんはひとつの団体だから、普及活動でできないことは他の活動でやることができる。普及は普及にしかできないことがあるわけだから。

自分たちの知っている歌や音楽のよさを伝えたいという普及で培った気持ちはどんな活動にもつながる重要な要素だと思うしね。

現役のみんなにはみんけんの歴史や、作者の思い、OBたちがつないできたものを重荷にしないで、自分たちの音楽を追求するための養分にしてほしいと思う。うたほんに思いをはせて、そこから得られるものは限りなく大きい。

そして今、うたほんは果てしなく分厚い。

posted by さわ at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 民謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

「エマヌエル婦人」に見る一画面2シーンの可能性

images.jpg

「エマニエル夫人」は官能映画の代表作品としてよく知られる作品だ。
僕はこの作品の中で夫人が滝を訪れるシーンに注目した。

一画面の上部に夫人たちの移動風景を。下部に夫の情事を映し出す。
同時に2人の人間の時間軸を表現できるこの手法は間違いなく漫画にも
活用できるものだ。特に僕が書きたいと思っているサッカー漫画には非常に
効果的だ。今の漫画は瞬間的な心の戦いにおいてのみこの手法が使われるが、
数ページにわたったものはなかなかお目にかかれない。

人間の心のすれ違いから来る切なさや怒り、どうしようもなかったということ
回想シーンや分割したエピソードでは限界があった表現に幅を持たせることができそうだ。
posted by さわ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

時差による深みを持たせる

656.jpg 181.jpg
「ウォルター少年と夏の休日」と「ニューシネマパラダイス」
はともに主人公が大人になり、お世話になった人たちの死を弔いに行くシーンから始まる。
それぞれ、重要なキーワードになるのは「アルフレッド」、「飛行機」。

そこからそれぞれが子ども時代に戻り、一度の別れが来るまでのエピソードを描いていく。
まるでトンネルを歩いていくような感覚。この映画がどうすればあのオープニングに導かれていくのか。考えさせることで見るものを映画の世界へと引き込んでいく。

オープニングをエンディングにするか、エンディングへの布石にするのかは主題次第だが、短編を書く際にも長編を書く際でも非常に使える手法であることは間違いない。

それぞれ素晴らしいエピソードを持つ両作品は僕の中でもお気に入りの映画だ。
エピソードを紹介するのは主旨ではないので割愛させていただくが、
ぜひ見ていただきたい作品であることは間違いない。

特にジュゼッペ・トルナトーレの「ニューシネマパラダイス」は音楽も非常に素晴らしい。
「ウォルター少年」は過去のエピソードの挿入の仕方、伏線のはりかたが素晴らしい。
一見無駄に思えるものが次から次へと意味を与えられていくさまは圧巻。人生とはなにかということすら感じ取れる。サブタイトルである「secondhanded lion」が主題であったなら、どんなに素晴らしい作品だったか。日本題の重要性を改めて感じさせられる作品だった。

ライオンのように生きた人、2本足のライオンの姿こそ最もクローズアップされるべきところなのに。
posted by さわ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。